世界の話題

現在の形の資本主義、過半数が不信感

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/20(月) 16:29:04.67 ID:CAP_USER
s4.reutersmedia.net今週の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に先立って公表された調査によると、現在の形の資本主義について、世界に対して良い影響よりもむしろ悪い影響を及ぼしていると考えている人が、過半数に上ったことが分かった。

調査は28の国・地域の3万4000人以上を対象に実施。調査対象は米国など西側諸国のほか、中国やロシアまで多岐にわたっている。この調査はPR会社の米エデルマンが行っている「エデルマン・トラスト・バロメーター」。過去20年間、人々の基本的な制度に対する信頼感について調査を行っているが、資本主義に対する意識について調査するのは今回が初めて。

調査によると、56%が、「現在存在する資本主義は、世界に対して良い影響よりも悪い影響を及ぼしている」との見方に同意した。

国別では、資本主義への信頼感欠如が最も顕著だったのはタイとインド(上記の見方への同意がそれぞれ75%、74%)で、フランス(69%)が続いた。その他のアジアの大半の諸国と欧州、湾岸、アフリカ、中南米でも、資本主義への不信を示す回答が過半数に達した。

上記の見方に同意しないとの回答が過半数を占め、資本主義への一定の信頼感が示されたのは、オーストラリア、カナダ、米国、韓国、香港、日本のみだった。

https://jp.reuters.com/article/davos-meeting-trust-idJPL4N29P1M5?il=0


3: 名刺は切らしておりまして 2020/01/20(月) 16:33:42.67 ID:DvtzH61x
社会主義も資本主義も格差が拡大すると留め金が外れることがあるんだろうな


この記事の続きを読む

米国株が強すぎる件について

1: 風吹けば名無し 2020/01/18(土) 07:57:08.04 ID:5v3UVYGE0
毎日のように最高値更新

画像02

https://finance.yahoo.co.jp/quote/%5EDJI/chart?term=1y


3: 風吹けば名無し 2020/01/18(土) 07:57:31.61 ID:5v3UVYGE0
参加してない世捨て人おる?


2: 風吹けば名無し 2020/01/18(土) 07:57:27.81 ID:tTXKubvs0
嵐の前の、や


この記事の続きを読む

Googleのアルファベット、時価総額が1兆ドルに達成してしまう

1: ライオン(茸) [US] 2020/01/17(金) 10:00:41.16 ID:NKgCTecC0●
181008152021-google-plus-super-169米アルファベット、時価総額1兆ドル達成

16日の米国株式市場では、米検索大手グーグル親会社アルファベットの時価総額が初めて1兆ドル(約110兆円)に到達した。米企業の中で1兆ドルを達成したのはアップル、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムに次ぐ4社目。主力のインターネット広告事業が成長を続けているほか、自動運転技術の開発でも先行しており、市場の評価は高い。投資家がリスク選好を強め、ハイテク株に資金が集まりやすい状況にあることも追い風となった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54496270X10C20A1000000/


6: ボンベイ(茸) [US] 2020/01/17(金) 10:02:14.32 ID:RVWiSBnd0
もうこれ天文学的数字だろ


この記事の続きを読む

Amazonで信頼できる中華メーカー、ANKERしかいない

61Xr+5pcOBL._AC_SX425_

1: 風吹けば名無し 2020/01/08(水) 03:01:52.38 ID:MFtoO0Cvp
日本語ガバガバで品質良いとこ見たことないわ


2: 風吹けば名無し 2020/01/08(水) 03:02:13.34 ID:PRYLlqep0
ハイセンスもええで


8: 風吹けば名無し 2020/01/08(水) 03:03:44.23 ID:RMzf/ZhEa
TPリンクは?


この記事の続きを読む

イラン、事態激化や戦争を求めていないが自衛する=ツイッターで外相

1: ライオン(埼玉県) [ES] 2020/01/08(水) 15:15:19.20 ID:PgNvcUvf0●
SYRIA-SECURITY-MINISTERSイランのザリフ外相は、イラクの米軍駐留基地にロケット弾を8日に発射したことを受け、イランは事態の激化や戦争を求めていないとツイッターで表明した。その上で、イランはいかなる攻撃に対しても自衛すると付け加えた。

同相は「イランは国連憲章第51条の下、われわれの市民や高官に対する卑劣な武力攻撃が打ち出された基地を対象に相応の自衛措置を実施・完了した。われわれは事態の激化や戦争を求めないが、いかなる攻撃に対しても自衛する」とツイートした。

https://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2020/01/258931.php


4: ボルネオヤマネコ(光) [US] 2020/01/08(水) 15:15:57.93 ID:IymfJqYh0
ツイッターて便利だね


この記事の続きを読む

Netflix独走、10年で株価4000%高 2010年代の米上昇首位

1: ムヒタ ★ 2019/12/31(火) 06:11:31.33 ID:CAP_USER
index激動の2010年代に最も輝いた米国株は何か――。米主要500社の株価騰落率を算出したところ、動画配信サービスを手掛ける米ネットフリックスが09年末比で4080%高(41.8倍)で上昇率首位になった。既存産業を新たなものに置き換えていくディスラプター(破壊者)の代表として投資家の支持を集めた形だ。ウォール街では次の10年に向けた有望株探しが始まっている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53999870R31C19A2000000/


2: 名刺は切らしておりまして 2019/12/31(火) 06:19:22.06 ID:CCpor+BC
次は宇宙系かなぁ


この記事の続きを読む

ギャンブルで数千万円失った男性 止めなかったカジノ側を訴える

1: 【NullPointer】 【2493円】  ◆d9eTMNEKrI (SIM) [US] 2020/01/02(木) 21:05:06.99 ●
000-42-viewカナダでギャンブルにのめり込んだ挙句に大金を失った男性が、カジノ側に責任があるとして訴えている。男性はVIP待遇で迎えられ、アルコールを過剰に提供されたことで「ギャンブルをするように促された」と主張しているようだ。『Windsor Star』『Fox News』などが伝えた。

カナダのオンタリオ州ウィンザーにあるカジノホテル「シーザーズ・ウィンザー」と州内のギャンブルを管理監督する「オンタリオ・ロトリー・アンド・ゲーミングコーポレーション(OLG)」が顧客から訴えられ、カジノで負けた分の34万2000カナダドル(約2900万円)に加え、50万カナダドル(約4300万円)の懲罰的損害賠償を求められていることが分かった。

訴えを起こしたのは同州に住むタルウィンダー・ショッカーさん(Tarwinder Shokar)で、2013年10月にシーザーズ・ウィンザーを訪れた際にギャンブルによって34万2000カナダドルの損失を出した責任はカジノ側にあると主張している。この訴訟が最近になってウィンザーの上位裁判所へと手続きがされたことで、メディアが注目している。

もともとギャンブル好きなタルウィンダーさんは訴えを起こす前に、同州の別のカジノ施設「エレメンツ・カジノ・ブランフォード(Elements Casino Brantford)」でもギャンブルによって大金を失っていた。彼はその直後に自暴自棄になって外へ飛び出し、トラックの前に身を投じて自殺を図ったが死に至らず、大怪我をした。

ところがこの怪我により保険会社から莫大な保険金を受け取ることができたタルウィンダーさんは、そのお金で再びギャンプルで運試しをしたくなったという。実はタルウィンダーさん、過去にアルコールに溺れたうえに詐欺で有罪判決を受けており、しかもギャンブル依存症で同州のほとんどのカジノ施設から出入り禁止になっていた。そのため今回は、カジノツアーを専門に扱う旅行代理店経由でシーザーズ・ウィンザーを訪れたようだ。

そして2013年10月17日、シーザーズ・ウィンザーで夕方と翌日午前中の数時間でギャンブルにより7万2000カナダドル(約620万円)を失ってしまった。さらに数日後の昼過ぎに再度訪れて、25万カナダドル(約2100万円)を使い果たしてしまったのだ。

続きはソースで
https://japan.techinsight.jp/2020/01/masumi12301515.html


3: ジャガーネコ(愛知県) [FR] 2020/01/02(木) 21:05:47.32 ID:RrNdkh3a0
トータルで勝っているから


この記事の続きを読む

自分の血を売って生計を立てる「売血」が増加、アメリカの貧困層の現実

1: ◆d9eTMNEKrI (SIM) [SE] 2019/12/22(日) 07:54:14.89 ●
eb6c0716自分の血液をお金をもらって採血させる行為は「売血」と呼ばれており、日本でも1960年代半ばまで行われていたそうだが、アメリカでは現在も「売血」で生計を立てている人々がいるそうだ。
 
そしてその数は1999年~2016年の間で3倍も増加し、ヒトの血液を原料として製造される血漿製剤の輸出は、今やとうもろこしや大豆以上の輸出量を占め、皮肉にもアメリカ経済を支えている。

しかし、この血漿製剤産業急成長の背後には、アメリカの貧困社会に暮らす人々の悲しい現状がある。アメリカは、献血のために人々がお金を受け取ることが認可されている唯一の先進国であり、その血液の大部分は海外に輸出されている。

世界最大の血漿収集センターCSLの報告によると、世界中の血漿製剤の約70%はアメリカ人のもので、その60%が他国に輸出されているという。

献血ビジネスの急増で、今やアメリカにとって貧しい人々の血は主要な輸出品となり、総輸出の2%を占めるまでになっているのが現状だ。しかもこの血漿製剤産業の成長は、更に拡大すると予測されている。

血漿蛋白治療協会(以下PPTA)の最新データによると、アメリカで収集された血漿の量は、2014年には過去最高を記録。ビジネスニュース、分析、株式市場データを提供するアメリカの金融情報ウェブサイト『MarketWatch』でも、この産業ビジネスは2024年までには440億ドル(約481億円)に達する見込みと伝えている。

http://karapaia.com/archives/52285605.html


6: ベクルックス(富山県) [CN] 2019/12/22(日) 08:00:40.00 ID:GpqtDpC+0
売れるのかよ、高血圧だから頻繁に売りたい


この記事の続きを読む

月収6桁の中学生ブロガー「就職したくないから稼げるようになりたい」

1: ミラ(大阪府) [US] 2019/12/25(水) 19:48:10.08 ID:8EMXFk600
20191225-00209441-hbolz-000-1-view「好きなことで、生きていく」が徐々に浸透する時代に、最近SNSで注目されはじめた中学3年生がいる。ネットを通じて毎月10万円以上の収益を上げるキメラゴンさんだ。ブログ、ツイッター、note、YouTubeなどで発信し、あのネット有名人・イケダハヤトさんも太鼓判を押す。「学歴社会は終わり」「個人で稼ぐ力をつける」と時代を読む、彼の思考回路を探った。

――学校に登校しなくて、先生に何か言われたりしませんか。

言われないですよ。先生にも自分の活動について話していて、「キメラゴン君のことは、学生でなくビジネスマンとして見ているから好きにしなさい」と言われます。

――学校のどんなところが嫌いですか。

やっぱり古いじゃないですか。教え方というか、無駄な校則多いよなと思っていて。制服とかダサいし。あと雰囲気が嫌いなんですよ。例えば部活だったら「ダルイ」って言ってる人はやめればいいのに、やめないんですよ。自分で何かを決めてやるという空気があんまりないからつまらない。
――勉強は得意ですか。

社会だけできますけど、勉強は全体的に下のほうです。でも、勉強ができるから頭が良いというわけではないじゃないですか。テストの点は取れるようになっても、考えて何かをするという頭の良さは学校で養われるものではないと思うんで

――ちなみに、好きな子とかはいますか。

好きな子というか彼女がいます。結構周りにも恋人がいる人はいますけどね。僕は2年生のときに4人と付き合って、今の彼女で5人目です。彼女はこの活動を応援してくれてますよ。デートで映画に行くときは、全部払っています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00209441-hbolz-soci&p=1


4: エンケラドゥス(愛知県) [FR] 2019/12/25(水) 19:50:33.89 ID:V8/4s1gS0
財布にされてんじゃんw


トップ1%の収入は下位50%より100倍速く増えていることが調査から明らかに

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/31(火) 22:09:40.49 ID:CAP_USER
かねてより貧富の格差が拡大していると指摘されていましたが、経済学者が新たに、いかに富裕層が富を急激に増やしているかを示した表を公開しました。数十年という長期にわたって格差が拡大しているため個人レベルでその勢いを感じるのは難しいものですが、表やグラフで可視化されると、その変化は圧倒的であることがわかります。

ワシントン・ポストのコラムニストであるグレッグ・サージェント氏によると、アメリカに住む富裕層はその収入と逆進税の構造によりますます裕福になり、最も裕福な1%の人々は過去50年で年収を3倍に増やしたことが判明しました。これは平均額にして80万ドル(約8800万円)の増加になりますが、一方で、下位50%の人々の年収は平均して8000ドル(約88万円)の増加にとどまったとのこと。トップ1%は税抜額で平均して年間100万ドル(約1億1000万円)以上を稼いでおり、下位50%と比較すると収入の成長率はなんと100倍にも上るそうです。

サージェント氏の発表は、経済学者のガブリエル・ザックマン氏とエマニュエル・サエズ氏の調査をもとにしたもの。2人は「The Triumph of Injustice」という本の中で、人々の手取り給与額がどのように変化したのかという表を公開しています。

以下がその表。縦列が年代を示し、上から下に10年刻みで記されています。また横列が平均年収の手取額をグループ化してもので、左から「下位50%」「50~90%」「トップ10~1%」「トップ1%」「トップ0.1%」「トップ0.01%」となっています。過去50年において下位50%の手取額はほとんど変わらない一方で、トップ0.01%は桁が変わっていることが読み取れます。また2000年から2010年までは不況で下位50%の手取額が減っていますが、トップ層は不況の影響を受けずに増加しています。
no title

https://gigazine.net/news/20191231-income-grown-faster/


4: 名刺は切らしておりまして 2019/12/31(火) 22:40:54.56 ID:2qM4D5OZ
戦争とか、恐慌がないと、金持ちは金持ちのまま


この記事の続きを読む
スポンサードリンク
RSSリーダー
icon_rss05
follow us in feedly
Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
月別アーカイブ
記事検索
はてブ新着記事
はてブ人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
フェイスブック
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ