下書きはだいぶ前に書いていたのですが…。
2019年も結構過ぎたので最近の相場のことなど書き加えた日記とします。


スポンサードリンク

人いなくなったな、というのが去年の相場の感想。

新興市場に関しては2013年以降最低の盛り上がりだったと思う。
マザーズ市場が低迷した年後半は自身のパフォーマンスも悪かった。

去年の株取引で1番負けたのが3月のニチダイ175,897円負け。
年初のVIXショック相場で儲かり調子に乗っていたところ痛い目にあった。

画像02

先物オプは年間で30万円ほど勝ち…
だったのが年末の暴落でプット売りが被弾し11万円のマイナスに。
オプション売りは夜も眠れなくなるほど神経すり減らす割に全然勝てない。
今年からは投資金額を減らしている。

画像08
画像11
画像07
画像10

2018年、100万円をGMOクリック証券に入れて優待株を購入した。
結果は含み損益、配当、優待合わせてトントンだった。
優待投資は自分にとってあまり面白いものではなかった。
2019年5月、優待株を全株売却して成長株投資に切り替えることを実行。
すかいらーくを平均1825円で全株売却したら半月後に2000円まで行った。
新規にポジション取った銘柄は6万円の含み損抱えてる、下手すぎ。

画像05

昨年末に一つだけIPO(ピアラ)があたった。
SBI証券に1000万円入れておけばSBI主幹事案件が年に1つは当たるような気がする。

画像04





昨年末の暴落で株式市場から人がいなくなってしまった結果、
今年はデイトレ難易度が相当高くなり、自分もかなり苦戦している。
塩漬けマン先生もYoutuberデビューしていらっしゃるし)。

こうなると時間軸を長くするトレードが重要になってくる。
2018年末時点で年齢×100万円の金融資産に到達したので、
今後はこの資金をどれだけ上手に「投資」できるかが勝負となる。